脱原発国民の会

脱原発国民の会は、福島県双葉町を勝手に応援し、高線量地域に放置されてる子供達を県外に避難、帰還不可能地域設定で西日本に双葉町が早く移住できる原発反対運動を広める目的でデモ及び抗議行動を主催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文部科学省前 福島の子供達を西日本に避難させろ 5月9日抗議行動

5月9日は雨にもかかわらず文部科学省前に30名ほどが集り抗議行動を行いました。参加者の熱い思いを聴いてください。@gyokaigamieruさんの動画 http://moi.st/47130a
毎週水曜日:霞ヶ関 文部科学省前:夜7時~9時 「福島の子供達を西日本に避難させろ」
抗議行動をしていきます、次回は5月16日です、皆様の参加をお待ちしています。


子らを救う力はなにか?

寒い夜がやってきた。あの日も凍えるような寒さだったし、揺れにおびえ、やっと家族が一緒になることができたと思ったら、爆発だった.

停電、寒さ、そして闇・・・情報も無いままにさまよった日々。それからというもの、子らは法律でも守られなくなった.こんなに日本国はもろかったのか。

でも、私たちには子らを助ける力がある。それは、筋肉でもお金でも、地位でも権力でもない.そんなものがあっても世の中はビクともしない.

子供たちを被曝させたいという邪悪な力に対抗できるのはただ一つ。それは愛に他ならない.貧弱な住まい、やっとの生活、人に頭を下げて子らを守る。でも、子らを心配する心、それ以外に強いものはなく、今、子らを守る力はない.

あきらめてもいけない。くじけてもいけない.・・・・・・・・・

でも、原子力予算は4500億円もある。お米はこの予算で買い取って貰いたい.東電とその他の電力の社員の力を集めれば福島を元の状態に取り戻すことはできる。電力会社は従業員を1年1ミリに自主規制していた.それと同じことを恩のあるお客さんにするのだから、誇りある電力社員として、やらなければ眠れないだろう。今からでも立ち上がって欲しい。・・・・・・・・・

楽しかったあの日、夢を膨らませていたあの頃、それは奪われてはいけないものであり、日本人がその気持ちを持てば取り戻すことはできる。

広島・長崎を経験した日本人をこれまで被曝の被害から守ってきたもの、それが「1年1ミリを限度とする法律」である。それに反する食品を売る人、多くの被曝を勧める人、大丈夫おじさん、そして自治体の首長や職員、その人たちは法治国家にはいらない。是非、今日からでも良いから法治国家の一員に戻って欲しい.

武田邦彦(中部大学)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://stopnukes.blog.fc2.com/tb.php/4-eede86ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。