脱原発国民の会

脱原発国民の会は、福島県双葉町を勝手に応援し、高線量地域に放置されてる子供達を県外に避難、帰還不可能地域設定で西日本に双葉町が早く移住できる原発反対運動を広める目的でデモ及び抗議行動を主催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月1日文部科学省「福島の子供たちを西日本に避難させよ」無事終了

昨日は暑いなか、文科省抗議行動に60名参加して頂き、ありがとうございました。
2週間消えていた街灯も点灯され風も強くキャンドルライトは途中で断念しました。
火炎瓶テツさん、鶴田さん初め、皆さんのマイクアピールは、個性的で原発に関して勉強しているのが分かり、感心し自分も頑張ろうと思いました。
女性も大勢参加していますが、マイクアピール少なく残念です。女性は自分の体験で話をするので、分かりやすく一般の通行人、文科省官僚にも訴え方が抜群に良いと思います。皆さん是非マイクアピールをお願いします!
福島の子供たちを西日本に避難させるには、政治決断しかないと思っています。金曜日の官邸前再稼働反対抗議行動はマスゴミに取り上げられて、参加者も10万人単位になってきました。
主催者と脱原発国会議員との対談は画期的な事です。(国会議員の人選は疑問ですが)
新しい市民運動の流れです。主催者を誹謗中傷したり分断工作は、権力側の思うつぼです。止めましょう。
水曜日の文科省抗議行動は参加者の数では負けますが、訴求力では決して金曜日官邸前再稼働反対には負けていません。
自分は千葉5区民主党員なので要望書を、輿石民主党幹事長宛に企業団体委員会と、地元村越ひろたみ衆議院議員に託しました。
昨日、村越ひろたみ事務所に電話して、輿石幹事長に面談したいから会わせてくれとお願いしたが、地元事務所の佐久間秘書に、幹事長は出て来ないからと?けんもほろろに断られました。う~~ん次の作戦を考えなくては。
昨年、4月東電へ東電前アクションが、要望書を読み上げ守衛にわたし。今年7月27日ふくしま集団疎開裁判の人達が申入書を内閣府の守衛に渡しました。この二つの事例を見ても原子力ムラは国民に真摯な態度で接していません。文科省抗議行動「福島の子供たちを西日本に避難させよ」は要望書を文科副大臣・奥村 展三議員。高井 美穂議員、または民主党幹事長代行・樽床信二議員に渡して、政治決断を促したい。
今日は、本村賢太郎議員(矢野さん紹介)に会いに衆議院第2会館に行きます。文科省政務三役に面談したいので、文科委員の本村賢太郎議員にダメ元で要請しに行きます。


次回文科省抗議行動「福島の子供たちを西日本に避難させよ」は8月8日夜7時~9時です。10分でも都合の良い時間に参加してください。
この日は、情報ひろば~子ども霞が関見学デー特別イベント~
•日時 8月8日(水曜日)10時~16時、•場所 旧文部省3階展示室 情報ひろばが有ります。


7月25日文科省抗議行動は55名が参加しました。文科省前だけ街灯が消えていたのでキャンドルライトを初めてしました。皆さんの抗議の声が夜空に響き、幻想的な空間で、山本太郎さんも参加しました。

福島県双葉町長メッセージです。

みんなでまちづくりを


 待望のロンドンオリンピックが開幕いたしました。自転車競技に出場する渡邉一成選手の活躍を心からご期待申し上げ、町民の皆さまとともに、精一杯の声援を送ります。
 7月に開催された「福島復興再生協議会」において、国から復興再生基本方針の最終案が提示されましが、「双葉郡が、いつ、どこで、どのように復興されるのか」、明確にされておらず、双葉郡の復興・再生に特化した分科会の設置を強く求めた次第であります。
 また、原発事故を検証する国会事故調査委員会から提出された最終報告書によると「事故は明らかに人災」と断定されました。また、規制官庁である原子力安全・保安院が東京電力の「虜」となっており、原子力安全についての監視・監督機能が崩壊していたことも報告されるなど、原子力発電所に対する東京電力並びに国の危機管理が、地域住民の安全を無視した、いい加減なものであったことが検証されました。
 事故が人災と認定された今、私たち被災者は法的に救済されなければなりません。今後、双葉地方の自治体が一丸となり、国に対する働きかけを強化するとともに、町民の皆さま一人ひとりの声が国に届くよう取り組んでまいります。
 さて、行政を預かる町長としての使命は「町民の皆さまの生命と財産を守る」ことに尽きます。放射線による健康被害は、これから何年先に発症するか分かりません。今後も国に対しては私たちの健康被害に対する明確な対応を求め、安全で安心して生活できる環境を要求してまいります。また、内部被ばくが心配されることから双葉町独自で町民の皆さまを対象とした内部被ばく検査を定期的に実施し、長期にわたり町民の皆さまの健康管理に取り組んでまいります。
 双葉町復興まちづくり計画の策定を目指して、若い人たちや有識者による復興まちづくり委員会での議論がスタートしました。また、双葉町の復興再生を一日も早く実現するため、町民参加型の復興計画策定会議として「7,000人の復興会議」を開催いたします。町民の皆さまのご意見、ご提言を積極的にお寄せくださいますようお願いします。

 平成24年8月1日

双葉町長 井戸川 克隆


--------------------------------------------------------------------------------

さよなら10万人集会・レイバーネット映画祭・船橋野田NOデモに行き文科省前抗議行動のチラシ配布しました。

7月16日(月) さよなら10万人集会で代々木公園に行きチラシ配りをしました。福島出身の女性と出会った、彼女の妹さんは飯館村にぬける南相馬に住んでいて、避難地域から僅かに外れた高線量地域に住んでいると、おれも今年3月一人でふらふら福島へ行ったとき飯館村に行く山間の原町は線量高くて驚いた事があった。彼女の妹さんは、小学生の子供さんがいて東京に家族で避難を進めたけど、断られたそうです。仲間とTシャツアクションで行進し,表参道の歩道で撮られた写真が週刊現代8月5日号のグラビアに載った

7月17日(火) 仕事サボッテ。埼玉県加須市にある福島県双葉町役場の広報課長さんに文科省抗議行動が10回出来たことを事を報告に行く。課長は東北の中で福島の子供たちの死亡率が上がっていることに落胆していた。皆さんは心配してくれますが、被災者にならないとその苦しさはわかりませんっと言われ、返す言葉が無くて沈黙した。でも双葉町の町民も文科省前抗議行動に是非参加してくださいと言ってきました。帰りにプール下の喫煙所に行き町民の人と少し話をした。皆さん疲れた様子で話をしずらかったが、2人に文科省抗議行動の事を話した、一人の男性は、ありがとうありがとうと何回も言われて、此方こそありがたかったです。もう1人の男性は避難させるなら医療体制などモデルケースを創らないと、現実問題として考えられないと言われた・・・その通りだけど、それは行政がすることだけど沈黙した。福島の被災者は疲れている早く行政が動かないと手遅れになる。高線量地域に放置され被曝している人たちは情報も少なく政府の安全神話にまだ騙されている。国民が内閣府を始め各省庁に抗議行動をしないと、行政は動かない。
官邸前再稼働反対より、福島を救うほうが最優先課題だと思う。

7月18日(水) 文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」抗議行動は55名の参加者で文部科学省に抗議しました。抗議行動終了後コンビニ前でする懇親会は、情報交換ができ大変ありがたいです、皆さんも是非参加しましょう。

7月19日(木) 経団連・小吹さん主催TPP反対集会に行き、経団連は国民の敵日本から出て行け~っと持論を訴えてきました。

7月20日(金) 官邸前再稼働反対集会は、経産省前抗議行動でマイクアピール(何回やっても下手)してから官邸前行くも、警備厳しくたどり着けないから参加諦め。前回行ったファミリーエリアへ、警備厳しく先頭まで行かれず参加を断念。戻ってきて経産省別館抗議行動に参加、無事終了後、経産省本館へ舞い戻り抗議行動に参加、最後は高揚した女性たちがカラーコーン蹴飛ばし閉鎖された門まで皆で敷地内に入った。9時に経産省正門閉める通常のガードマンの警備行動なのに、若い女性2人が敷地内に入り注意書きを写真に撮り、舞い戻った左翼運動家のアジテーターが、余計に皆を興奮状態にしいてる・・・非暴力で行こう。呆れて途中で退散。帰宅する。

7月21日(土) 仕事ずる休み(市民運動に取り組んでから仕事さぼるから超貧乏生活)レイバーーネット映画祭に文科省チラシ配りに行く。映画はどれも良くて,観終わると暫く考えてしまう。格差社会を今、如何にかしないと手遅れになり、近い将来思い上がった一部の人間が人類を滅亡してしまう事を危惧する。

7月22日(日) 千葉県船橋市・新京成駅前・野田NOデモへ行き文科省チラシ配りをする。マイクアピールするので自分は千葉5区民主党員として千葉4区の野田佳彦に注文をつけた。
野田佳彦は「金権千葉の政治風土を変えよう」「路地裏の政治」と毎日朝夕、駅前で訴えていたのに、今は、正反対のTPP参加。原発推進で官僚。経団連のパペットになり下がっている。
新進党から1996年国政選挙で落選、浪人生活時代は地元中小零細企業経営者のカンパで生計を立てていたのに、野田佳彦は消費増税で恩を仇で返している。
デモの帰りに自宅と地元事務所を回った、近所のおばさんと話をしたら、野田佳彦は気さくで良い人だと言っていた。すると今の野田佳彦は別人が、成りすましているのか?理解できない。


次回は今日です。文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」夜7時~9時まで。時間都合良い時10分でも参加してください。
文科省前だけ街灯が消えています。風が
無ければキャンドルライトをします。皆さんペンライト。懐中電灯などをお持ちください。宜しくお願いします。

地元衆議院議員民主党村越ひろたみ事務所から電話が有りました。

13日金曜日夕方、村越ひろたみ事務所佐久間秘書から電話がありました。先日依頼した要望書「福島の子供たちを西日本に避難させよ」を輿石東民主党幹事長に渡しましたとの連絡です。
民主党は小沢一郎グループが離党して「国民の生活が第一」の新党を立ち上げマスゴミの大バッシングを受けています。ですから民主党も混乱していて今は、それどころでは無いでしょう、時期が来たら民主党本部に行きます。

佐久間秘書と1時間位話しました、おれは官邸前に行くのに時間が気になりましたが、有意義な時間でした、官邸前は遅刻して、警備が強化されて官邸前までたどり着けず、パパママエリアでふるさとを皆さんと一緒に合唱しました。明日香さん楽しい時間をありがとうございました。

佐久間秘書との話は・・・チェルノブイリ事故当時、佐久間秘書は札幌に住んでいて、チェルノブイリ事故で被災した旧ソ連の子供たちを札幌に呼んで保養させる団体に入っていたそうです。それからチェルノブイリ原発事故後日本で最初に新設稼働されたのは、北海道泊原発で住民の反対署名も100万筆(当時の札幌市民400万人)集ったが泊原発は稼働されたそうです。
 
ネットで当時の記事発見。
チェルノブイリ事故後、世界は脱原発の潮流の中にありながら日本だけは違いました。事故後世界で初めての稼働となる北海道電力泊原子力発電所1号機の営業稼働が目前に迫っていました。
 1988年、泊原発1号機の営業運転開始を止めようと労働組合と共に代表団となり、『泊原発の可否を問う道民投票条例を求める』直接請求運動に取り組みました。
 しかし、泊原発の可否を道民自らが決めたいと集まった103万筆(有効数90万筆、うち生活クラブでは15万筆を集める)の道民の声は、道議会で十分な議論もなく、たった2票差で否決されました。私たちは市民不在の政治の現実を目の当たりにしたのです。 1989年1号機、1991年2号機、2009年1月には3号機が営業運転を開始しました。さらに3号機ではプルサーマル計画が進められようとしています・・・・・・終わり

ですから、佐久間秘書は脱原発を問う都民投票が50万筆では話にならと言ってた?おれは国民投票と都民投票は脱原発運動の阻害要因だと思っている。未だに国民投票の署名を脱原発デモでしている人を見かけるが、署名運動している人は純粋な気持ちでしょうが、違和感を覚えます。

今日は仕事です。残念ですが「船橋野田NOデモ」に行けません、明日は、さよなら原発10万人集会に行き、バイバイTシャツアクションを仲間とします、明後日は、埼玉県加須市の福島双葉町役場に広報課長を訪ねます。文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」を10回終了したので報告です。井戸川双葉町長(会った事無い)の言動は良いですが、広報課長さんも素晴らしいです。 


7月11日文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」の参加者は58名でした。参加人数が50名を超えたのは初めてです、皆さんに感謝します。それから嬉しいことがありました。Twitterして無くて,ネットでおれのブログ見て参加された女性が居ました、紹介されたけど戸惑ってしまい余り話せませんでした。わぉ~最高~~

次回、文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」は7月18日水曜日夜7時~9時です。時間内に10分でも結構です、皆様の参加お待ちしています。

文部科学省森口康孝事務次官にメールしました

文部科学省森口康孝事務次官にメールしました
件名
森口康孝事務次官に質問。文科省は福島の子供を見棄てないで、今こそ子供を守る独自行政をして下さい。

内容
この質問が、森口康孝事務次官に届く事を祈ってキーボードを打っています。5月9日から毎水曜日19時~21時文科省前で「福島の子供たちを西日本に避難させよ」抗議行動を一般市民が集まって行っています。お騒がせして申し訳ございません。驚く事に内閣府では、山下俊一氏が先頭に立って自国福島の子供たちに人体実験をしています。文科省もこれを容認しているのですか。先日、朝日新聞記者砂押博雄氏のスクープした米国が東京電力福島第一事故直後のモニタリング情報を公表しなかった記事も今頃出てきて驚きです。記事も外務省から経産省原子力保安院と文科省が入手しながら公表せずって変ですね、内閣府にも勿論情報は行くはずですが、官邸にも情報は伝わってないとか、原子力行政の決定権は内閣府原子力委員会に有るそうですが。それから事故直後、文科省も独自にモニタリングしたのを公表していません、それも内閣府の指示ですか。1991年、チェルノブイリ事故への安全宣言を出したのは、IAEA事故調査委員長の重松逸造氏です。今回の福島第一事故後もIAEAが乗りこんで来ました、山下俊一氏が福島の子供たちに人体実験しているのは、IAEAの指示でチェルノブイリと同じ事をしているのですか。信じられませんが、自国の将来を担う子供たちに人体実験を続けると、日本人は世界から軽蔑されるでしょう。民主党幹事長輿石東氏にも要望書を送りました。我々市民も協力します、森口康孝事務次官、文科省が福島の子供達を助けてください。宜しくお願い致します。


7月4日文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」抗議行動は37名の参加者で文科省に抗議しました。
2時間は長いです、都合の良い時間30分でも、10分でも参加してください。

次回は今日です。7月11日 霞が関文科省前 夜7時~9時!皆さんの参加お待ちしています。

双葉町の将来を見据えて

 今年も暑い日々が続く季節となりました。しかし、町民の皆さまには先の見通しが全くつかない不安の中で、何をしても気持ちが晴々としない日々を過ごされているものとお察し申し上げます。
 このような厳しい避難生活が続く中ではありますが、ロンドンオリンピック出場が決った渡邉一成選手に続き、双葉町出身の大森梨江さんが「フラ技能」と「統率力」が高く評価され、スパリゾートハワイアンズのフラガールの新リーダーに就任されました。また、昭和女子大大学院で環境デザインを学んだ双葉町出身の草野 恵さんが双葉町の復興計画をテーマとした研究論文「警戒区域 再生の設計図」がメディアに取り上げられるなど、若い人を中心に、懸命にこの苦難を乗り切ろうとしている姿に強い感動を覚えました。
 さて、原発事故を巡る情勢を申し上げますと、国会事故調査委員会を傍聴しましたが、「避難指示が遅かった」「避難指示がなかった」など、政府の事故情報の発信・伝達が住民避難を混乱させる結果となり、原子力防災に対する対応、認識不足が指摘されました。
 6月9日には双葉地方8町村長と福島県知事、国による協議会が開催され、国からはグランドデザインの基本方針や賠償、除染の方針、避難指示区域の見直し等に向けた取り組みについて説明がありました。前向きな議論になってきたと感じましたが、細部の問題についてはまだまだ議論していかなければなりません。今後も私たちは、国が示すグランドデザインや損害賠償、避難指示区域の再編について、曖昧な形で妥協することなく、双葉町の将来を見据えて取り組まなければならないものと考えています。
 また、将来の健康被害を考えるとき、きめ細かな放射線量の区分が必要であり、私は国に対して年間被ばく線量が1ミリシーベルト以上の地域に住む住民に移住の権利を認めた「チェルノブイリ法」の考え方を今後の避難指示区域の見直し作業に反映させるよう提案しました。
 国が示した線量区分ごとの人口割合と予測でも、双葉町は避難の長期化は避けられない状況にあります。国に対しては医療費の無料化など、長期避難に係る法的救済措置を強く求めてまいります。

 平成24年7月1日

双葉町長 井戸川 克隆

地元衆議院議員 村越ひろたみに要望書依頼いたしました

衆議院議員  村越ひろたみ殿

 こんばんは、小沢一郎氏が離党声明を出した日に民主党員費と後援会費を振り込みました。
私は、ご存じ無いかも知れませんが小沢一郎支持者です。
先日佐久間秘書に電話で話しました。
私は、5月9日から毎週水曜日霞が関文科省前で「福島の子供たちを西日本に避難させよ」抗議行動をしています。
文科省前抗議行動に村越氏の参加を打診しましたが、秘書の佐久間さんは市民運動と政治は別だから参加は出来ないと断られました。
しかしこの問題は日本国民が過去の民族性、お互いを助け合う共生社会を否定。
戦後教育の自分だけ良ければ他人はどうでも良い、新自由主義、市場原理主義が無関心国民を生み、行政が福島の子供たちを放射能高線量地域に放置しています。
そこで、民主党輿石東幹事長宛に民主党企業団体委員会へ「福島の子供たちを西日本に避難させて」要望書を送りました。
近いうちに総選挙が有ると思います。村越議員はTPP参加。消費増税賛成ですが、これは国民に対する背任行為です。
脱原発だけが私と同じ認識です、是非次の総選挙で貴方に入れたいので、添付した要望書を輿石東幹事長にお渡しください。
お手数をおかけ致しますが、宜しくお願い致します。

千葉第5区民主党員  稲井邦利


次回文科省前「福島の子供たちを西日本に避難させよ」は7月11日水曜日夜7時~9時迄です。2時間内に30分又は10分でも都合良い時間に参加してください
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。